menu

optimus200 1930年代

optimus200 1930年代

optimus200 1930年代頃~


これもヤバい代物です。 optimus200なんだけどかなりの初期型。

タンクのotpimus200表記が縦型なのと、オリジナルグラス(200が小さい)、ヴァポライザーの窪みがある初期型、ファイバー?繊維系?ペーパーマイカルタ?正式な呼び方わからないですけど旧式のバルブホイール、インナーチムニーとヘッドがビスで一体化してる。

ノズルやニップルなどは現在でも買えるものが使えます。

などが特徴なので見ていきましょう。

年代は1930年代半ばと言われています。 https://classicpressurelamps.com/threads/optimus-n%C2%B0-200.11146/

OPTIMUS200 30年代の特徴


ビンテージランタンで年代の古い物に見られる、厚紙のような素材のバルブホイール。 この手のランタンでは日本で一番情報を発信しているSHOWSEI氏はペーパーマイカルタと呼んでいますね。 今後私もそう呼ぼうかな。


そして、これが旧式のOPTIMUS200表記。 300も昔はこれ。 脇にoptimusの地球儀をモチーフにしたマークもありますが縦に伸びてます。


ヘッドは2つビス。 昔のはだいたいそうですね。


これがインナーチムニーとくっついている。 ビスでとまっちゃってるんですね。


グラスが生き残っているのが凄い。 200の文字が細い。


ヴァポライザーが窪みのあるタイプです。


フィラーキャップは長年変わらないかな。


コチラもまあ。

他のoptimus200と並べてみました。


右のもヴァポライザーに窪みがあるの古い200なんですけど、さらに年代・バージョンの古いビンテージものという事になります。もうすぐでアンティーク入りですね(100年以上がアンティーク) そんな年代のものが、(グラスはどこかの時期でつけられたものかもしれませんが)この輝きを醸し出すのってめちゃテンション上がりますよね。

petromax “Baby” 827 グラス違い

optimus300 初期型(ブラス・30年代?)

関連記事

  1. ペトロマックス(petromax)の年代や製造国の見分け方(タン…

    ペトロマックスの年代を調べる情報をまとめたページです。 情報が入り次第随時追加していこうと思います。…

  2. optimus200 ゴシックロゴグラス・赤トップ(RED) 白…

    optimus200 赤トップ ゴシック体のロゴです。optimus200 赤トップ(ゴシックロ…

  3. E.Thomas&Williams(イートーマス&ウィ…

    イギリスのE.Thomas&Williams社 カンブリアンランタン(マイナーズランプ)…

  4. Radius NO.143

    Radius No.143RadiusNO.143の詳細Radius14…

  5. optimus930 300CP chrome(オプティマス93…

    オプティマス930 300CPの紹介optimus930 300CPoptimus930…

  6. optimus930 350CP (オプティマス930-350C…

    オプティマス930 350CP(クロームメッキ)のご紹介optimus930はスゥエーデンの…

  7. petromax821″Baby”250…

    ペトロマックス(petromax821)の紹介ペトロマックス821"Baby"詳細pet…

  8. geniolゲニオール D-206(827)250CP フレーム…

    ゲニオールの250CP中型ランタン D-206(827)です。geniol(ゲニオール)D-20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP